重要事項説明書容認事項

津波災害警戒区域に関する重説の例文・条文【テンプレ】

本物件は、現時点では『津波防災地域づくりに関する法律』(平成23年12月27日施工)による津波災害警戒区域の指定はされておりません。今後都道府県が区域を指定する場合があります。

当該宅地建物は、現時点では『津波防災地域づくりに関する法律』(●年●月●日)による津波災害警戒区域の指定はされておりません。

当該宅地建物は、津波防災地域づくりに関する法律に基づく津波災害警戒区域が未指定です。津波災害警戒区域については、津波防災地域づくりに関する法律(平成23年12月27日施行) 第53条第1項の規定に基づき、都道府県知事が警戒避難体制を特に整備すべき土地の区域として指定をすることができるとされています。津波災害警戒区域については、法施行後間もない制度であることから、●●内は現時点では未指定の状況ですが、対象不動産に係る区域については、今後、●●から当該区域として指定される可能性があります。

面倒な重説作成を代行「重説代行ドットコム」

重要事項説明書(ドラフト)・売買契約書(ドラフト)を不動産業者様に代わって作成させて頂きます。作成に当たって役所調査や現地調査(区分マンションを除く)もさせて頂きます。

納品までのスケジュール感は、調査1日・入力1日・ダブルチェック1日となります。調査の必要がない場合は最短1~2日で納品することも可能です。

重説代行ドットコムの特徴

  • コスパが良い
  • 不動産業界のスピード感を理解しております。
  • コロナ禍特有の様々なリスクを軽減します。

下記の項目に少しでもお心あたりのある方は、「重説代行ドットコム」の資料を是非をダウンロードしてみてください。

  • 個人経営者様、宅建事務員がいない少数精鋭の不動産業者様
  • 事務員がいても売買に不慣れな賃貸業者様

まずは資料請求から 「重説代行ドットコム」の価格・詳細を見る

-重要事項説明書容認事項

© 2021 みんなの重説|不動産契約書・重要事項説明書の例文テンプレサイト