重要事項説明書容認事項

オーナーチェンジに関する重説の例文・条文【テンプレ】

(賃貸借契約の継承)
①買主は、本物件が、別添「住宅賃貸借契約書」(写)のとおり、売主と、賃借人との間で賃貸借契約が締結された、賃借権の負担付であることを確認しました。
②売主は、①の賃貸借契約が有効に存じていること買主に確約するものとします。
③売主は、不動産売買契約の残代金の受領と同時に、①の賃貸借契約、同条件にて賃貸人としての地位を買主に引継ぎ、現行の契約書類等を交付するものとします。
④売主および買主は、本物件の所有権移転後すみやかに双方協議の上、賃借人に対し賃貸人変更の通知を行うものとします。
⑤売主は、不動産売買契約締結後、本物件の所有権移転のときまでに①の賃貸借契約が解除された場合、および契約の変更が発生した場合は、すみやかに買主に通知するものとします。また、売主・買主は、これらの契約解除や契約内容の変更が発生した場合においても、売買代金の増減はもちろん、一切の異議苦情等を申し出ないものとします。
⑥不動産売買契約締結日現在の収益は将来に亘り売主が保証する賃料ではありません。また、現行の賃料収入も経済状態や建物経過年数等により増減する可能性があることを買主は予め了承するものとします。

本物件内は、賃借人が占有しているため、室内を実査・点検することはできません。よって買主は、室内および付帯設備の状況が不明であることを予め了承のうえ、本物件を買受けるものとし、室内の現状は添付した販売図面および設計図書等と相違している可能性があります。また、室内の建物付帯設備、本物件の所有権移転後に修理・交換が必要となった場合でも、買主の責任と負担において処理するものとし、売主は設備の修復義務を一切負わないものとします。

負担の削除
(1)本物件の賃借権の負担は除くものとします。
(2)本物件内は、賃借人が占有しているため、室内を実査・点検することはできません。よって買主は、室内および付帯設備の状況が不明であることを予め了承のうえ、本物件を買受けるものとし、室内の現状は添付した販売図面および設計図書等と相違している可能性があります。また、室内の建物付帯設備、本物件の所有権移転後に修理・交換が必要となった場合でも、買主の責任と負担において処理するものとし、売主は設備の修復義務を一切負わないものとします。

(敷金の引継ぎ)
売主は、前条に基づく賃借人の地位の移転と同時に、原契約締結日現在における賃借人から預り保管中の敷金:金●円を買主に支払い、買主は、賃借人に対する敷金の返還債務を承継する。ただし、原契約締結後引渡しまでの間に、賃借人の入居・退去などにより預り保管中の敷金の額が変更となった場合には、引き渡し日における金額とします。
売主および買主は、第●条規定の残代金の支払いについて、買主が前項規定の敷金を対当にて相殺し差し引いた額を支払うこととします。

-重要事項説明書容認事項

© 2021 みんなの重説|不動産契約書・重要事項説明書の例文テンプレサイト