重要事項説明書容認事項

土砂災害危険区域に関する重説の例文・条文【テンプレ】

◆対象不動産周辺の土砂災害警戒区域および土砂災害危険箇所について
対象不動産北西側約●mの距離に土砂災害警戒区域、南西側約●mの距離および南西側●mの距離に土砂災害危険箇所の各指定区域があります。
土砂災害警戒区域とは、急傾斜地の崩壊等が発生した場合には住民等の生命または身体に危害が生ずるおそれがあると認められる地域で、土砂災害を防止するために警戒避難体制をとくに整備すべきものとして、指定された区域です。また、土砂災害危険箇所とは、土砂災害のおそれがあるとして各都道府県が公表している区域です。当鉄範開については、土砂災害警戒区域、または土砂災害特別警戒区域に指定される可能性があります。
<土砂災害警戒区域>
・自然現象の種類:急倾斜地の崩壞 告示番号:●号 告示年月日:平成●年●月●日 区域番号:●●●●●●-●●●●
<土砂災害危険箇所>
・南西側約●mの距離⋯種別:急傾斜地崩壊危険筒所 番号:●●●●●-●●●号
・南西側約●mの距離⋯種別:急倾斜地崩壊危険筒所 番号:●●●●●-●●●号
詳細は別添「東京都防災マップ」、「土砂災害警戒区域等の指定の公示に係る図書」をご参照ください。

面倒な重説作成を代行「重説代行ドットコム」

重要事項説明書(ドラフト)・売買契約書(ドラフト)を不動産業者様に代わって作成させて頂きます。作成に当たって役所調査や現地調査(区分マンションを除く)もさせて頂きます。

納品までのスケジュール感は、調査1日・入力1日・ダブルチェック1日となります。調査の必要がない場合は最短1~2日で納品することも可能です。

重説代行ドットコムの特徴

  • コスパが良い
  • 不動産業界のスピード感を理解しております。
  • コロナ禍特有の様々なリスクを軽減します。

下記の項目に少しでもお心あたりのある方は、「重説代行ドットコム」の資料を是非をダウンロードしてみてください。

  • 個人経営者様、宅建事務員がいない少数精鋭の不動産業者様
  • 事務員がいても売買に不慣れな賃貸業者様

まずは資料請求から 「重説代行ドットコム」の価格・詳細を見る

-重要事項説明書容認事項

© 2021 みんなの重説|不動産契約書・重要事項説明書の例文テンプレサイト